大腸がん

大腸がんとは

大腸がんは大腸(結腸・直腸)の粘膜から発生するがんです。年々増加傾向にあり、男女をあわせて一番罹患数の多いがんです。大腸粘膜表面に生じたがん細胞は、次第に大腸の壁に深く侵入したり、リンパ液や血液の流れに乗って、リンパ節や肝臓、肺など別の臓器に転移したりします。大腸がんは、腺腫という良性のポリープががん化して発生するものと、正常な粘膜から直接発生するものがありますが、腺腫から移行するタイプのものが多いため、大腸ポリープの段階で治療を進めることが重要です。

大腸カメラについて

大腸がんの原因

日本において大腸がんが増加したのは食の欧米化が関係しているとされています。動物性脂肪やたんぱく質を過剰に摂取し、食物繊維が不足していることが大きな原因となっています。また、肥満や遺伝的要因も指摘されています。40歳以上の方は大腸がんリスクが高まっていますが、若い方でも血縁者に大腸がん罹患者がいる場合は発症のリスクがあるため、定期的に大腸カメラ検査を受けることをお勧めしています。

大腸がんの症状

大腸ポリープや初期の大腸がんは、自覚症状がほとんどありません。したがって、早期大腸がんの発見は、内視鏡検査によって初めて発見されるケースが多く見られます。がんが進行すると、下痢や便秘などを繰り返す排便異常・腹痛・血便・下血・嘔吐・膨満感などが現れます。

当院の大腸がん検査

当院では、大腸カメラ検査によって早期大腸がんや大腸ポリープを発見に努めています。大腸粘膜を直接観察でき、粘膜の疑わしい部分は組織採取・生検を行って確定診断をすることができます。検査途中に大腸ポリープを発見したら、その場でポリープを切除することで大腸がんの予防につなげます。また、鎮静剤や炭酸ガスを用いることで苦痛のない検査を行っております。そして、AI内視鏡システムも導入しています。医師とAIの2つの目で検査を行うことでより精細な内視鏡検査を行うことができます。

AI内視鏡検査

当院では、富士フイルムが開発したAI技術を用いて大腸ポリープなどの病変検出および腫瘍性・非腫瘍性の鑑別を支援する内視鏡診断支援機能「CAD EYE™(キャドアイ)」を用いた大腸内視鏡検査を行っています。 CAD EYE™は従来型の内視鏡検査とは異なり、AIを使った画像認識機能によって、優れた精度で病変部を検出することができます。

日帰り大腸ポリープ切除

大腸がんのほとんどは、放置された大腸ポリープが徐々に大きくなって、時間の経過で発症しています。当院では、大腸カメラ検査時に大腸ポリープを発見した場合、その場で切除しています。大腸ポリープ切除治療は、日帰り手術なので、別日に時間を確保する必要がなく、また事前の食事制限も1度で済むので負担がありません。

大腸ポリープ切除について

keyboard_arrow_up