胃潰瘍

胃潰瘍とは

胃潰瘍とは、胃の壁が傷ついている状態のことです。ピロリ菌の感染や、痛み止めの内服、過大なストレスなどが原因となって発症します。

症状

胃潰瘍の症状は、原因や、胃の壁の障害の程度によって異なります。典型的な自覚症状は、心窩部痛とよばれるみぞおちの中央あたりに生じる鈍い痛みです。また胃の運動が障害されると、ゲップ、胸やけ、吐き気、胃のもたれ感、腹部膨満感などがでてきます。

さらに、病状が悪化すると、出血を起こして血を吐いたり、黒色便が見られます。出血量によっては貧血が引き起こされます。

原因

これまではピロリ菌感染による胃潰瘍が多く見られましたが、最近では風邪薬や痛み止めに含まれる非ステロイド系消炎鎮痛薬が原因とされます。また、頭痛や腰痛の治療中の方に胃潰瘍が増えていることから、非ステロイド系消炎鎮痛薬による薬剤性潰瘍が増加しています。ピロリ菌が胃に感染するために、慢性的に炎症を起こすと、胃粘液が減少し粘膜を保護しきれずに胃潰瘍になってしまうと考えられています。

診断

胃潰瘍は、胃カメラ検査で簡単に診断ができます。胃カメラ検査で胃の全体を観察することで、胃潰瘍の原因がピロリ菌であるのか、痛み止めによるものかの診断も可能なため、治療にも役立ちます。そして最も大事なことは、胃がんによる潰瘍の鑑別です。胃潰瘍と思い、胃薬を使って痛みを止めていたら胃がんであったということもあります。胃カメラ検査では直接、潰瘍の観察ができますし、組織検査も簡便にできるため、がんかどうかの鑑別も可能です。胃潰瘍が疑われた場合には、早急に胃カメラ検査を受けることをお勧めしています。

胃カメラについて

治療

胃酸を抑制する内服薬・胃粘膜を保護する薬などを用いて、ただれた粘膜を治癒していきます。ピロリ菌感染している方は、除菌治療を行います。非ステロイド性消炎鎮痛薬によって胃潰瘍になった方は、内服の中止や副作用の少ない薬への変更を試みます。出血が止まらない場合や穴が開いている場合は、手術治療を行います。胃潰瘍と胃がんの見た目がほとんど同じなため、内視鏡検査で調べることをお勧めしています。

日常の注意点

胃潰瘍の直接的な原因は、ピロリ菌感染や服用している薬の副作用ですが、症状を悪化する原因は食生活の乱れや過度のストレスです。消化器の蠕動運動機能は自律神経によってコントロールされています。この自律神経は、過度のストレスがかかるとバランスを崩して消化機能を低下させてしまい、潰瘍の症状を悪化させます。食事面では、脂っこい食事やアルコール・カフェイン・香辛料などの刺激物は粘膜にダメージを与えてしまいます。このような生活習慣によって、潰瘍の症状が悪化してしまいます。胃の違和感や不快感がある場合は、服用中の薬をかかりつけ医に相談するか、当院までご相談ください。

keyboard_arrow_up