胃カメラ検査(胃内視鏡検査)

胃カメラ検査とは

胃カメラ検査(胃内視鏡検査)は、咽頭・食道・胃・十二指腸の粘膜を観察して、異常の有無を調べる検査です。口、または鼻から細いカメラを挿入して、炎症やポリープ・出血・悪性腫瘍の有無や病状の進行程度を診断することができます。当院では、患者さんの苦痛を緩和させるために、鎮静剤を使用した検査を行っております。加えて、丁寧な内視鏡操作によって苦痛を最小限に抑え、高画質な最新の内視鏡システムを使用することで、精度の高い検査を心がけております。患者さんのご要望に沿って経鼻内視鏡検査と経口内視鏡検査をお選び頂けます。

経口内視鏡

口からカメラを挿入する方法です。鼻腔が湾曲している方や、花粉症などの鼻炎・鼻出血が生じやすい方は、経口内視鏡検査をお勧めしています。

経鼻内視鏡

鼻からカメラを挿入する方法です。カメラの径が細く、オエっという反射が起きにくいので苦痛が少ないことが特徴です。医師と会話しながら検査を受けられるので、鎮静剤を使用しなくても苦痛なく検査を受けることができます。

当院の胃カメラ検査の特徴

鎮静剤を用いて、眠ったままリラックスして受けられる

鎮静剤を用いて、眠ったままリラックスして受けられる当院では、鎮静剤を使ってリラックスした状態で胃カメラ検査を受けられます。また、検査に用いる内視鏡スコープは、極細のものなので、患者さんへの負担や苦痛を軽減できます。リラックスしているので検査がスムーズに進み、検査自体が短時間で終了します。

経鼻内視鏡と経口内視鏡を選択できる

経鼻内視鏡と経口内視鏡を選択できる当院の胃カメラ検査に用いているカメラの径は非常に細いため、経鼻内視鏡・経口内視鏡いずれを選択しても苦痛や不快感がほとんどありません。特に、経鼻内視鏡検査では、スコープがオエっと強い吐き気を催す部分に触れないため、楽に検査を受けることができます。医師と話しをしながら検査を受けることが可能です。どちらを選択するか、患者さんご本人に選択して頂いています。

最新の内視鏡システム導入

当院では、富士フィルム社最新のLED光源搭載内視鏡システム「ELUXEO7000システム」を導入しています。高出力4LED光源で多彩な観察モードを使い分けることができます。従来の内視鏡レーザー制御技術がさらに進化し、粘膜表層の構造及び血管を強調させる機能「BlueLASERImaging(BLI)機能」や、微細な色の違いを強調して表示する画像処理機能「LinkedColorImaging(LCI)」を搭載し、より高度で精密な検査が可能になりました。病変の早期発見に有効な最新の内視鏡システムです。

条件が合えば初診当日の検査が可能

検査枠や患者さんの食事の時間などの条件が合えば、初診当日に検査を受けることが可能です。お仕事などで忙しい方や、何回も通うことが困難な方、早急に検査が必要な方などに対応しています。どうぞお気軽にご相談ください。

ストレッチャーで寝たままリカバリールームに移動できる

鎮静剤を用いた胃カメラ検査後は、寝たままストレッチャーで移動し、リカバリールームで鎮静剤が抜けるまでゆっくりとお休み頂けます。リカバリールームは、プライベートに配慮された空間のため、楽な姿勢でゆっくりとお休みください。

胃カメラと大腸カメラを同日検査できる

当院では、胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同日受けることが可能です。忙しい方や、前日の食事制限が1度で済むなどメリットも多いため、必要な方はお気軽にご相談ください。

早朝の胃カメラ・土曜日も検査が可能

画像強調観察BLI/LCI機能に対応 早朝(8時半から)の検査に対応していますので、お仕事への支障を最小限にすることができます。また、平日お忙しくて来院できない場合は、土曜日にも胃カメラ検査・大腸カメラ検査を行っています。平日来院できない方は当院にご相談ください。

胃カメラ検査の流れ

1前日

夕食は、前日20時までに済ませてください。また、食事内容はおかゆ、うどんなどの消化の良い食べ物を召し上がってください。脂っこい食べ物、お肉などの消化の悪い食べ物は控えてください。水やお茶の水分は夜20時以降も自由にお飲みください。

2当日朝

当日の朝は、なにも食べずに来院してください。検査の1時間前までは水やお茶であれば水分摂取して頂いて構いません。また、夕方に胃カメラ検査がある場合は、早めの朝食を摂り、昼食は摂らないでください。
普段から朝の内服がある場合は、朝の6時までに内服して下さい。また、糖尿病の内服薬やインスリンを使っている方は、当日朝の内服・使用は中止してください。指定された時間もしくは検査の15分前までには来院してください。

3来院後

問診を行い、胃の泡を消す薬や鼻・喉の麻酔などの検査前処置をします。鎮静剤を使う場合は、点滴をとって検査直前に鎮静剤を使用します。必要に応じてピロリ菌検査・病理検査を行います。検査所要時間は10分程度で終了します。なお、鎮静剤を用いる場合は、検査後の車や自転車の運転は出来ませんので、公共交通機関をご利用ください。

4検査後

鎮静剤が抜けて、眼がすっきりと覚めるまでリカバリールームにて休憩してください。覚醒したあとに、検査結果をご説明します。病理検査を行った場合、結果が分かるまで2週間ほどかかるので、それ以降に外来にて結果をお伝えします。検査後の飲食は、1時間後から可能になります。

検査費用

1割負担 3割負担
胃カメラ検査のみ 約1,500円 約4,500円
胃カメラ検査+病理組織検査 約3,000円 約9,000円
keyboard_arrow_up