ジオン注射

ジオン注射(ALTA療法)とは

ジオン注射(ALTA療法)とはこれまで内痔核は手術でしか根治できませんでしたが、ジオンという薬剤を直接内痔核に注射するだけで治せるようになりました。これがジオン注射で、ALTA療法とも呼ばれます。この治療は、直接注射をするだけなので、痛みや出血を最小限に抑えられます。手術によって切開する必要がないため、患者さんの心身への負担を軽減できます。また、入院せずに保険適用されることから、ジオン注射が内痔核治療として広く浸透してきています。

ジオン注射がお勧めの方とは

手術による切開がないため、出血や痛みがほとんどありません。手術が苦手な方、切開に不安がある方、痛みに弱い方、また忙しくて入院が出来ない方などにお勧めです。ジオン注射は、日帰り手術が可能です。術中・術後の痛みがほとんどありません。特に、排便時の出血や脱肛でお悩みの方は、お早めにご相談ください。当院は、患者さんのプライバシーに十分配慮を行った診療を実施しています。安心して来院ください。

ジオン注射が受けられない方

  • 透析をしている方
  • 潰瘍性大腸炎がある方
  • 前立腺がんなど放射線治療を受けたことがある
  • 嵌頓痔核がある
  • 全身の状態が不良な方

ジオン注射の流れ

Step.1

まずは麻酔をします。

Step.2

麻酔の効果がみられたら、ジオン注射を行います。1つの痔核を正確な位置や深さ・角度に注射するために、上極部粘膜下層・中央部粘膜下層・中央部粘膜固有層・下極部粘膜下層の4つに注射します。これを四段階注射法と言います。麻酔と注射を合わせてかかる所要時間はおよそ30分です。

Step.3

治療後は、出血が次第に減っていき、脱出が軽くなります。脱出しなくなるまでは1週間から1カ月程度かかります。

術後の注意

ジオン注射は日帰り手術治療が可能です。帰宅後は、2日間ほど安静を保ってください。ジオン注射の副作用は、患部の痛みと腫れ・発熱・重たく感じるなどです。注射された硫酸アルミニウムカリウムをスムーズに排出するためにも、水分補給を十分に行う必要があります。これらの注意点は、事前診療の際にもご説明します。

ジオン注射は術後ケアも楽に行えます

ジオン注射の薬剤は、炎症を起こして痔核を退縮させます。注射後は、炎症抑制や出血予防のために、注入軟膏を塗布していきます。十分な水分摂取と軟膏の塗布が術後に必要なケアとされます。

副作用を避ける的確な処置

当院では、大腸・肛門専門医が治療にあたっています。副作用を避けるための的確な処置を行います。また、注射されたアルミニウムカリウムは、しっかりと水分摂取することで24時間以内に排出されます。

ジオン注射の費用

3割負担
ジオン注射(ALTA療法) 約20,000円
keyboard_arrow_up