下剤を飲まない大腸カメラ検査

大腸カメラ検査に対する悩みや不安とは?

大腸カメラ検査を受ける際に、こんなお悩みや不安はありませんか?

  • 下剤の量が多くて全部飲みきれない
  • 下剤が口に合わず、大量に飲めない
  • 下剤服用に抵抗がある
  • 水分をたくさん飲むのが苦手

以上のようなお悩みや不安がある方に対して、当院では下剤を飲まない大腸カメラ検査を行っています。

下剤を飲まない大腸カメラ検査とは?

大腸カメラ検査は、大腸粘膜内を隅々まで診るため、事前に下剤を2L服用して大腸をきれいにしておく必要があります。大腸カメラ検査を受けたことがある方は、この下剤が嫌で次に受けることを躊躇される方もいるほど、苦痛に感じる方も少なくありません。当院では、患者さんの負担を軽減するために、下剤を飲まないで受けられる大腸内視鏡検査を行っています。下剤を飲まずに受けられる大腸カメラ検査は、以下の2種類がありますが、当院では安全性も考慮して、主に鼻チューブ法を採用しています。内視鏡的洗浄液注入法については条件がそろえば行います。ご希望の方はまずは医師にご相談ください。

内視鏡的洗浄液注入法

胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同日に受けて頂いて、胃カメラ検査の際にスコープから下剤を注入していきます。注入2~3時間後、排便が落ち着くまでが前処置です。その後大腸カメラ検査を行います。副作用がなく、大量の下剤を飲む必要がないので、負担がなく安心して検査を受けることができます。

メリット

胃カメラの際にスコープから下剤を直接流し込みます。ウトウトとリラックスした状態で、大量の下剤を飲む必要がないので、下剤の味が苦手な方も我慢して飲む必要がありません。

デメリット

同日に大腸カメラ検査のほかに、胃カメラ検査を受けなければなりません。胃カメラ検査に保険適用されない場合は、人間ドックの胃カメラ検査費用をお支払いください。また、直接注入する下剤の量が一定となっているため、追加で下剤を服用する場合があります。
内視鏡的洗浄液注入法は、対象を70歳までと年齢制限が設定されています。この場合、例外もあるので高齢の方は診察時にご相談ください。

鼻チューブ法

鼻からチューブを挿入して、直接胃に下剤を流し込みます。注入時には、鼻に麻酔を行い、極細のチューブで行うので痛みはありません。下剤の嫌な味が苦手な方や、飲むことに抵抗がある方にお勧めの方法です。さらに、内視鏡的洗浄液注入法とは異なり、胃カメラ検査が必要ないので、費用を抑えることができます。

メリット

大量の下剤を飲まなくて良いので、嫌な味を我慢する必要がありません。また、内視鏡的洗浄液注入法よりも費用を抑えられます。胃カメラ検査が必要ないので、検査が短時間で済みます。

デメリット

局所麻酔薬(キシロカイン)を使用するため、キシロカインのアレルギーのある方には実施できません。鼻からチューブを挿入する際、ツンと鼻に水が入ったような感じがします。また、大腸カメラ検査費用とは別に材料費がかかります。

下剤を飲まずに受けられる大腸カメラ検査の流れ

1ご予約

まずは大腸カメラ検査を予約してください。来院しての予約でも構いませんが、24時間ネット予約ですと手軽にとれますので是非ご利用ください。大腸カメラ検査では、事前に必ず検査前診察を行っています。ネット仮予約されている方は、検査前診察は検査予定日の1週間前までに受診してください。期間内に検査前診察が出来ない場合は、検査予約も自動的にキャンセルされてしまいます。受診が難しくなってしまった、もしくは忘れてしまった場合にも対応可能なときもありますので、電話で相談してください。

2検査日までのご来院

検査数日前から、腸管に残りやすい野菜やこんにゃく、キノコなどの摂取を控えてください。便秘の方は、下剤などを用いて便通をよくしておきましょう。
検査前日は検査食のある方は検査食を食べて下さい。検査食のない方は、朝からの食事内容は消化の良い食べ物にしてください。前日夜20時までに食事を済ませて、当日朝は食事をしないでください。水やお茶の水分は十分にとってください。
普段から朝の内服がある場合は、普段通りに服用してください。また、糖尿病の内服薬やインスリンを使っている方は、当日朝の内服・使用は中止してください。なお、鎮静剤を用いる場合は、検査後の車や自転車の運転は出来ませんので、公共交通機関をご利用ください。

3下剤注入までのご来院

内視鏡的洗浄液注入法の場合は、受付完了後に検査着に着替えて頂き、胃カメラ検査を行います。食道・胃・十二指腸を観察後にスコープを用いて十二指腸に下剤を直接注入します。胃カメラ検査の終了後20分程度から下剤の効果で、排便が始まり2-3時間程度で腸管内の洗浄が完了します。鎮静剤を使用すると胃カメラ検査も苦痛なく受けられます。
また、鼻チューブ法では、麻酔薬(キシロカイン)を行ってからチューブを鼻から挿入していきます。チューブが胃まで到達したら、下剤注入を開始し、だいたい30~60分ほどで最初の排便が始まって、2時間ほどで落ち着きます。どちらの方法も、便や残渣があると精密な検査ができないため、便の状態で洗浄効果が十分でない場合は、追加で下剤服薬や浣腸を行うことがあります。排便が落ち着いて大腸の洗浄が完了したら、大腸カメラ検査を実施します。

4大腸カメラ検査

鎮静剤を使う場合は、点滴をとって検査直前に鎮痛・鎮静剤・腸蠕動を抑制する薬を使用します。必要に応じてポリープ切除や生検を行います。検査所要時間は15~30分程度で終了します。必要に応じてポリープ切除や生検を行います。

当院の大腸カメラについて

5検査終了

鎮静剤を使用した場合には、眼がすっきりと覚めるまでリカバリールームで休憩していただきます。覚醒したあとに、検査結果をご説明します。ポリープ切除や組織検査を行った場合には、病理検査の結果が分かるまで2週間ほどかかりますので、後日、外来にて結果をお伝えします。当日に食事制限等は特にありませんが、水分は多くとるようにしてください。
また、ポリープを切除した際はお酒や激しい運動は控えてください。

keyboard_arrow_up