胃痛

胃痛について

胃痛を訴える方は非常に多く、原因も様々ですが、胃痛には病気が隠れている場合があるので注意が必要です。例えば、胃潰瘍・逆流性食道炎が原因の場合もあれば、胃がんなどの重篤な病気が原因の場合もあります。慢性的に胃痛がある方は、たかが胃痛と軽視せずに、一度当院にご相談ください。

胃痛の原因

  • ストレスからの自律神経の乱れ
  • 暴飲暴食・食べ過ぎ・飲みすぎ・刺激の強い食べ物・アルコール・痛み止めの服用
  • 胃・十二指腸の知覚過敏
  • ピロリ菌の感染

これらのうち、明らかな病変がないのに苦痛症状がある状態を機能性ディスペプシアと言います。

胃痛の検査方法

エコー検査・胃カメラ検査があります。胃痛の原因として、重篤な疾患が隠れている場合があるため、早期発見のためにも胃カメラ検査をお勧めしています。

胃カメラについて

胃痛の治療

胃痛が起こる原因によって治療方法が変わってきます。胃潰瘍が原因の場合は薬物療法を用いて、ピロリ菌感染が原因の場合はピロリ菌除菌治療を行います。

ピロリ菌について

生活習慣の見直しが大切

胃痛を予防するためには、生活習慣の見直しが重要です。食習慣を改善して、過度なストレスを受けないように心がけます。

暴飲暴食・刺激の強い食べ物を控えましょう

暴飲暴食は胃に大きな負担をかけます。腹八分を心がけて、カフェイン・アルコール・香辛料などの刺激物の摂取を避けてください。極端に熱いものや冷たいもの、味の濃い食事も控えてください。

ストレスを上手に発散しましょう

過度なストレスによって、胃酸が出過ぎると胃痛を引き起こします。また、ストレス解消を食べることで補うのは止めましょう。消化の良い食事を3食規則正しく食べることが大切です。

keyboard_arrow_up