血便

血便とは

血便が見られる場合、口から肛門までの消化管のいずれかから出血しているというサインです。血便には、肉眼で見ることができる血便と、肉眼では見ることができない血便があります。肉眼で確認できない、微量の血液が含まれている場合、便潜血検査陽性になって初めて分かることもあります。
肉眼で見られる血便で、黒っぽいタール便の場合は、胃酸と反応したり、長時間腸内から排出されないので、食道・胃・十二指腸からの出血が疑われます。また、鮮やかな赤い鮮血の場合は、小腸・大腸・肛門というように、出血箇所が肛門に近いということが分かります。

便潜血陽性について

血便と下血

血便は、主に大腸・肛門などの下部消化管からの出血が多く、下血は胃・十二指腸など上部消化管からの出血が多いとされます。胃や十二指腸で出血する下血は、排出までに時間がかかるため黒いタール便が特徴です。さらに、胃酸などに反応して黒っぽい便となります。万が一大量に出血している場合は、胃カメラ検査で止血処置を行います。

血便の特徴・出血部位・考えられる疾患・症状

※横にスクロールできます。

便の色 出血部位 考えられる疾患 症状
鮮血便 肛門 痔・裂肛 肛門部痛
直腸 直腸ポリープ・直腸がん・潰瘍性大腸炎・直腸潰瘍 なし
暗赤色便(出血後時間が経過している) 大腸 大腸ポリープ・大腸がん なし~便通異常・貧血・腹部膨満感
虚血性腸炎・感染性腸炎・潰瘍性大腸炎・クローン病 なし~腹痛・発熱
大腸憩室出血 なし
小腸 小腸潰瘍・メッケル憩室出血など なし~貧血・腹痛
黒色便 胃ポリープ・胃がん・胃腸潰瘍 なし~貧血・腹痛
十二指腸 ポリープ・十二指腸潰瘍・がん なし~貧血・腹痛
食道 食道がん・逆流性食道炎・食道静脈瘤破裂 なし~心窩部痛・食道閉塞感・貧血
そのほか 鼻出血・喀血・口腔内出血

血便とストレス

血便が見られる場合は、速やかに医療機関を受診して、適切な治療を受けることが大切です。ストレスが直接的な原因となって血便が起こることはありませんが、血便の原因がストレスであると誤解して放置してしまうことは非常に危険です。
消化管機能は、自律神経によってコントロールされているため、ストレスなど心的影響を受けやすい特徴はあります。血便の症状を放置してしまうと、深刻な疾患へと進行してしまう恐れがあるため、なるべく早めに受診しましょう。

便潜血反応が陽性だった場合

便潜血検査陽性のおよそ30~40%の方に大腸ポリープが発見され、3~4%の方に大腸がんが見つかっています。大腸カメラ検査中に、大腸ポリープが見つかった場合は、その場で切除処置することで、将来の大腸がんを予防することにつながります。したがって、大腸カメラ検査を受けるきっかけに大いに役立つのが便潜血検査とされています。便潜血検査が陽性だった場合は、必ず大腸カメラ検査を受けるようにしてください。

検査と治療

肉眼で確認できる血便の場合は、受診の際に便の状態を正確に伝えられるようにしておいてください。余裕があれば、スマートフォンなどで撮影して、医師に画像として提示することで、的確でスピーディに診断できます。問診を行えば、出血している箇所がだいたい推測できるので、それに応じた検査を行っていきます。特に、大腸カメラ検査・胃カメラ検査は、粘膜を直接観察できるので非常に有効です。そのほか、血液検査・血圧・脈拍・X線検査などを実施していきます。緊急性の高い場合や、入院加療が必要な場合は、連携する専門の医療機関をご紹介しています。

keyboard_arrow_up